過払い金請求は条件があるの専門家に相談しよう!

払い過ぎた利息を取り戻せるかどうかを場合分けしながら考えていきます。
重要なのはすでに完済しているかどうか、利息制限法を超えた金利だったかどうかの2つです。

まず、完済していて利息制限法を超えた金利だった場合は確実に過払い金が発生しています。
返済期間が長く、借入金も多かったなら、相当な金額になっていますから必ず取り戻しましょう。

次に、完済しているが利息制限法を守った金利だった場合は、利息払い過ぎは発生していません。
あくまでも過払い金というのは不当な金利で利息を払ったときに生じるものだということに注意が必要です。

適正な金利だったなら、どれだけ返済期間が長かろうと金額大きかろうと発生しません。

さらに、返済中だが利息制限法を超えた金利の時期があったなら、過払い金が生じるかどうかは借金残高次第です。
もし払い過ぎた利息が借金残高を超えるなら利息の払い過ぎが発生しますし、借金残高を超えないなら発生しません。

借金残高を超えない場合は過払い金返還請求ではなく任意整理という手続きをすることになります。
どちらの場合も借り手側が得をすることは間違いありあませんし、法律の専門家に相談してみましょう。

参考サイト:http://kabarai.s26.xrea.com/

最後に、返済中で利息制限法を守った金利のときは、利息の払い過ぎは生じません。
返済が厳しいのなら返還請求以外にも手段はありますから法律の専門家に相談してみましょう。